妊活や妊娠中の不安を安心へ変える 葉酸の効果

葉酸はなぜ必要なのか!どんな効果効能が有るのか?ご紹介します。

葉酸の効果効能は次のようなもので私たちに不可欠な栄養素である
・ビタミンB12と作用し赤血球を創る働きがある
・細胞の分裂や増殖においてDNA等の合成に作用する
・高血圧を始め認知症や脳梗塞の予防に効果がある

 

おすすめ!葉酸サプリ

妊娠を計画されたり妊娠中・授乳中のママさん達へ

抑えておきたいポイントとして

  • 葉酸をしっかり摂れる
  • ビタミン・カルシウム・ミネラル
  • 貧血予防の鉄分等が大切です

一番人気の商品が >>ベルタ葉酸サプリ<< ですが
当サイトイチオシが  >>ララ リパブリック ベルタよりコスパが良い?!
その他お求めやすくバランスの取れた葉酸サプリメントをランキングで紹介
注目   >>妊娠前から飲みたい葉酸サプリランキング

妊活されている方にオススメしたい葉酸配合の高品質サプリ

妊活のためには葉酸だけでは不十分ですね、抑えておきたいポイントは

  • 安全安心の高品質天然成分
  • 身体を整える豊富なビタミン類
  • 豊富なミネラル類
  • 妊活に良いと言われる成分など

イチオシが「東尾理子」さんも妊活で使われた、タレントママ達に人気の
>>美的ヌーボ・プレミアム<<

妊活成分が豊富でコスパの良いサプリメントもご紹介しています。
注目 >>妊活に活用したい葉酸配合のサプリメントランキング
矢印三角 妊活成分ピニトール配合のベジママ

葉酸は私達の身体に大切な栄養素で主に次のような効果があります。

  • 胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ(欠乏は胎児の発育不全)
  • 細胞分裂時DNAの働きを助ける
  • 造血ビタミン(若返りビタミン)
  • 出産後の母乳の出が良い
  • 美肌で強壮作用
  • 口内炎、食中毒、貧血の予防
  • がんの予防
  • 生活習慣病の予防

ここでは葉酸の妊活や妊娠の効果についてご紹介します。

妊娠初期に起こる神経管閉鎖障害とは?

この障がいは、脳や脊髄などが形成される妊娠4週目ごろにおこり、二分脊椎症や無脳症を引き起こします。

 

日本では、旧来数少ない障がいでしたが、食の欧米化が進んだせいか発症率が増加してきています。

 

欧米での学術的調査で、葉酸を摂取することにより、神経管閉鎖障害の7割を防ぐことが出来ると分かっています。

 

この結果を受けて、日本でも2000年から、葉酸摂取の啓発が行われたり、母子手帳へ葉酸を摂取することの必要性が明記されています。

 

母子手帳

 

ただ、残念なことに妊娠を自覚するのが遅く、母子手帳の交付や産科を受診した時には、4週目を過ぎていることがほとんどです。

 

妊娠を計画していたり妊活中の方は、いますぐに葉酸サプリメントを飲み始めることが必要です!

 

日本産婦人科学会のホームページの記事によると、発症率の高かった欧米では、積極的な葉酸の摂取により、この10年間で発症率が約10分の1に減少した。
一方、日本では、増加してアメリカの8倍、イギリスの6倍となっている。
http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/yousan2.htm

 

妊活中の男女が摂取したほうが良い理由

  • いつ妊娠しても良いように、そして神経管閉鎖障害予防のために摂取する
  • 葉酸とビタミンを摂ることにより造血作用で貧血を防ぐ
  • 子宮内膜の絨毛組織の細胞生成を助ける働きがある、着床しやすいフカフカのベッドを作る
  • 着床後、何度も細胞分裂を繰り返して胎児に成長していく段階で、葉酸は大切なサ ポートをしてくれる
  • 葉酸は精子の生成・細胞分裂にとって必要な栄養素
  • 不妊の原因の約4割は男性に原因があり、精子を作る過程で葉酸は不可欠

家族イラスト

葉酸サプリメントですべての栄養が葉酸だけで補えるのではありません。しかし、これだけは不足しないで摂っておきたいときには便利なものです。

 

これだけ注目されるということは、結果として満足している方が多く、評判も高いからでしょう。

 

葉酸はビタミンB9ですので、水溶性ビタミンとして摂取できます。

 

水に馴染みが良い成分なので、過剰摂取による健康被害を心配しなくていいのがメリットですね。
多めに摂っても尿として体の外に排泄出来るのが安心なのです。

葉酸は貧血の改善にも役立ちます、貧血になると全身の血行不良が起こります。
妊娠前には月経の不順を起こし、冷え性などの問題が起こりやすいですね。

 

月経の不順が起きているときには、受精卵が子宮壁に着床しにくくなりますので、結果的に不妊の状態になってしまいます。

 

冷え性でも一般的な手足が冷えるということではなく、内臓にまで体温の低下が出ますので子宮も冷えてしまいます。同じく妊娠しにくい状態を招きますよ。

 

たかが貧血と思っていても、これほど妊娠と大きな関わりを持ちます。
葉酸だけで改善できるのではありませんが、かなり効果が期待できると考えて構いませんね。

 

 

一人で始めると、「なんで私だけ」と思ってストレスになります。
パートナーも一緒に始めると、「一緒に頑張っている」という幸せが実感できますね。

 

男性にも不妊改善のために葉酸サプリメントをおすすめするのには、きちんとした理由があります。アメリカの大学で研究した結果も参考になりますよ。

 

今では、「葉酸=女性のサプリメント」というイメージが強くなっていますが、不妊の時は男性にも改善効果を示しますので、ご夫婦で一緒に摂取しながら、赤ちゃんを待つことが出来ますね。

 

サプリメントはストレスの溜まるものではありませんが、1人で続けるよりも2人で頑張って行くと結果が出た時の喜びも大きいのです。
「妊活」をスタートする時に、パートナー同士で一緒に始めることをオススメします。

 

葉酸サプリメントだけではなく、何をするにも不妊の改善では一方だけが辛い思いをするのは良くありませんね。
片方だけにストレスが偏ってしまい、穏やかに赤ちゃんを待つことが難しくなってしまいます。
こういった小さなストレスも妊娠を待つ時間を長くしてしまいますよ。

 

当サイトが選び抜いたオススメのサプリメントをランキングにしてご紹介します!

口コミサイトでの評判や、販売数、雑誌での掲載を元に独自の視点でランキング購入の参考になれば幸いです。

葉酸の摂取はいつから、いつまで?

厚生労働省 難治性疾患克服事業・研究班の報告により

「高リスク群の女性」即ち抗てんかん薬を内服中の女性、二分脊椎の赤ちゃんを以前に妊娠した女性、3等親以内に二分脊椎の患者がいる女性は、葉酸を1日4 - 5mg内服(処方箋が必要!)することが大切です。」とされています、産科で相談をされることをおすすめいたします。

引用元 http://yousan-labo.jp/woman/

 

妊娠時、赤ちゃんの健やかな生育に必要とされる栄養素「葉酸」ですが
いつから、いつまで摂取することを心がければ良いのでしょうか。
それは次のように専門家から報告がなされています。

 

妊娠4週前から妊娠12週まで、葉酸サプリメントを1日400マイクログラム内服してください。
抗てんかん薬を内服中の女性と、過去に二分脊椎の赤ちゃんを妊娠した女性は主治医と相談し、葉酸サプリメントを1日2-5mg(2000-5000マイクログラム)内服することをお勧めします。

 

障害予防のためであれば、妊娠1ヶ月前から妊娠後3ヶ月を目安とすれば大丈夫なようですがしかし、妊娠中期・後期になると胎児の成長が大きくなるために血液を沢山創りださなくてはならなくなります。

 

胎児の身体の中でも血液がそれまでより多く必要になるわけなのです。
それにより、妊娠時に貧血を起こされる方も多いようで、造血作用のある葉酸やビタミンB群・鉄分は必要なのです。

 

そして産後の授乳期にも母乳は血液から作られますから必要になります。

 

安心のためには、葉酸サプリメントを妊娠前から離乳時まで続けることは大切ですね

 

先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生します。
妊娠の兆候があって産婦人科を受診してからの対応では遅いのです。、実際に、いつ妊娠するか、分かりませんので、妊娠の可能性がある、また妊娠を計画している女性は、普段からバランスの良い食事を心がけるとともに、葉酸を食品やサプリメントから400μg(0.4mg)積極的に摂取することが大切です。

 

あまり神経質になってストレスを貯めるのも良くありませんので、偏食無く健康によいと思われる食事と適度な運動をされることをお勧めいたします。

更新履歴