葉酸サプリ 栄養素 解説

葉酸サプリに配合されているビタミン・ミネラルの働きについて

野菜350グラム画像
葉酸サプリメントには、多くのビタミン・ミネラルが配合されていますが、その働きについてご存じない方もいらっしゃるのではないかと思い私も一緒に勉強するつもりで調べてみました。

 

ちなみに葉酸はビタミンB群で、ビタミンB9と呼ばれています。
ビタミンからミネラルまでご紹介しますのでご覧ください

補足

厚生労働省の健康日本21は、野菜を1日350g以上取ることを推奨しています。
このうち 120gは緑黄色野菜を、230gは淡色野菜にすると、必須要素(体に不可欠な 46種類の栄養素)のバランスが整います。
緑黄色野菜はカロテンを多く含み、強力な抗酸化作用があり、生活習慣病を予防します。
淡色野菜はビタミンCやミネラル、食物繊維を含み、免疫力を向上させます。
しかし野菜の摂取量は、平成12年度に 1日当たり292gだったのが平成19年度には
1日当たり 267gと減っています。
水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違い
ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。
水溶性ビタミンは、水に溶けやすい性質があるので、使われなかった分は量などから排出されます。
からだ痛めておくことができないので毎日推奨料を取るようにしましょう。
脂溶性ビタミンは、油脂やアルコールに溶けやすい性質を持ちます。
体に蓄積されるため、取り過ぎると過剰摂取症をおこします

 

体に不可欠とされているビタミンは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ナイアシン
・パテトン酸・ビオチンの全13種類

葉酸サプリに配合されている栄養素を解説記事一覧

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});厚生労働省資料よりビタミンAの摂取基準表この表の数値は、脂溶性のビタミンAの基準になります。(お肉やレバー、うなぎ等)緑黄色野菜のベータカロテンは、同じ働きをしますが摂取基準の上限はありません安心してたくさん食べて下さい!ビタミンAの主な働きとして、皮膚粘膜目を丈夫にして免疫力を向上させる。ビタミン...

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ビタミンDの摂取基準厚生労働省の資料よりビタミンDの働きはカルシウム・リンの吸収率アップビタミンDの主な働きは、カルシウムやリンの吸収をサポートし、骨の形成、維持をを促すことです。食べ物から摂取された Dは、肝臓と腎臓を経て、活性型ビタミンDに変換されます。活性型ビタミンDは、腸でのカルシウムとリン...

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ビタミンEとは、学術名をトコフェロールといい油に溶ける脂溶性のビタミンです。正確にお伝えするために「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」より引用します。機能ビタミンE は、生体膜を構成する不飽和脂肪酸あるいは他の成分を酸化障害から防御するために、細胞膜のリン脂質二重層内に局在する。動物におけるビ...