ビタミンDの働き

ビタミンDの働きについて調べてみました。

ビタミンDの摂取基準厚生労働省の資料より

ビタミンD厚生労働省公開資料

 

ビタミンDの働きはカルシウム・リンの吸収率アップ
ビタミンDの主な働きは、カルシウムやリンの吸収をサポートし、骨の形成、維持をを促すことです。

 

食べ物から摂取された Dは、肝臓と腎臓を経て、活性型ビタミンDに変換されます。

 

活性型ビタミンDは、腸でのカルシウムとリンの吸収を高め、血中のカルシウム濃度を高めます。
これにより、カルシウムが骨や歯に沈着し、成長促進や骨密度UPの働きをします。

 

ちなみに、人間の体にあるカルシウムのうち、99パーセントはこれにあり、残りの1パーセントは血液や筋肉中に含まれています。

 

Dは、この血球カルシウム濃度をコントロールする役割も担っており、カルシウムの摂取量が少ないとこれにあるカルシウムを血液に放出し、十分ある場合はこれに蓄えます。

カルシウムD不足の症状

妊婦や子供は要注意クル病や虫歯になりやすくなる
ビタミンDが欠乏すると、成人は骨軟化症になります。
子供の場合、骨の成長障害がおこり、背骨や足の骨が曲がって、X脚やO脚の原因になります。

 

同時に、歯や歯を支える下顎も弱くなり、歯がぐらぐらします。

 

ビタミンDはどの世代においても重要ですが、特に妊婦や授乳風、5歳までの乳幼児には不可欠です。
胎児や乳幼児は成長するために多くのDを必要とします。

 

また高齢者や閉経後の女性が欠乏すると、骨粗しょう症の原因にもなります。
骨粗しょう症になると、これがもろくなり、ほんの少しの衝撃が加わっただけで骨折してしまいます。

 

骨粗しょう症の予防には早い時期からカルシウムやリンを十分摂取することが大切です。

ビタミンDの過剰摂取による弊害

ビタミンDを過剰に摂取すると、吐き気、下痢、脱水症状などを引き起こします。

 

さらに進むと、血中カルシウム濃度が上昇して高カルシウム決勝を引き起こします。

 

また血管壁や信金、腎臓、肺などにカルシウムが珍客し、骨や歯以外の何組織の石灰華障害や腎機能障害を起こすこともあります。

 

ただし、通常の食生活で Dの過剰摂取起こすことはほとんどありません。サプリメントなどで大量摂取した場合にか上昇が起こることがあります。

日光に当たるだけで体内合成できるビタミン

ビタミンDは体内で合成することができる要素です。人間の皮膚にはビタミンD前駆体であるプロきた民DEが存在します。

 

ヒルが紫外線に当たると、コレステロールを利用して、体内でDに返還することができます。

 

日常生活で火にあたっている人なら、Dの不足はさほど心配ありません。

 

ただしビタミンD生産能力が低下している高齢者などは、十分でないことがあります。

 

ビタミンDを効率よく摂取するための調理法

ビタミンDE +カルシウムで歯と骨を丈夫にする。

 

ビタミンDはカルシウムと一緒に取ることで、その栄養効果を最大限に発揮できます。

 

調理の際には、乳製品などカルシウムを多く含む食品と組み合わせることがポイントです。

 

おすすめの食品は丸干しの魚や小魚。魚は骨の部分にカルシウムを多く含み、内臓部分にはDがたっぷり含まれています。

 

このため頭から丸ごと食べられる小魚は丈夫な骨を作るのにとても効率が良いのですね。

 

>>ビタミンD配合のサプリメント

 

ビタミンDの働きについて関連ページ

ビタミンAの働き
ビタミンAの働きについて、不足したり、過剰になった場合にどうなるのか調べてみました。
ビタミンEの働きと効果
ビタミンEは、若返りビタミンと言われていますが、妊活にも効果的なビタミンです。何がそうなのかご紹介します。