ベルタ葉酸 ビタミンA

ベルタ葉酸サプリのビタミンAについて

ベルタ葉酸原材料

 

妊娠中には、注意が必要な脂溶性のビタミンA
ベルタ葉酸サプリは、どうなんでしょうか?
調べてみました。

 

ベルタ葉酸サプリのホームページにて確認してみると

 

 ⇒ ベルタ葉酸公式ホームページ

 

原材料名にビタミンAと記載されています。
ベルタ葉酸原材料
ビタミンAには脂溶性のものとβカロチンのように植物性のものがあります。
妊娠中は植物性であれば摂り過ぎになりませんが、脂溶性のビタミンAは注意が必要です。
(特に鳥や豚のレバーうなぎなど)

 

サプリメントでビタミンAと表示されている場合の原材料は、化学的に合成されたものであると思われます。
このタイプは吸収率が高いために摂りすぎると良くありません。

 

材料の表示で天然原料ではないということが分かりました。

 

美的ヌーボ・プレミアムは植物由来のβカロチンです。
配合量についての記載がないので、ヒントになるものはないかと探したところ、食品衛生法の中に表示に関する項目がありましたので、そこから考えてみます。

 

抜粋 2) 原材料名
使用した原材料を、ア及びイの区分により、次に定めるところにより記載すること。
ア 食品添加物以外の原材料は、原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。ただし、2種類以上の原材料からなる原材料(以下「複合原
材料」という。)については、次に定めるところにより記載すること。
(ア) 複合原材料の名称の次に括弧を付して、当該複合原材料の原材料を当該複合原材料の原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。
ただし、当該複合原材料の原材料が3種類以上ある場合にあっては、当該複合原材料の原材料に占める重量の割合の多い順が3位以下であって、かつ、当該割合が5%未満である原材料について、「その他」と記載することができる。
(イ) 複合原材料の製品の原材料に占める重量の割合が5%未満である場合又は複合原材料の名称からその原材料が明らかである場合には、当該複合原材料の原材料の記載を省略することができる。
食品添加物は、原材料に占める重量の割合の多いものから順に、食品衛生法第19条第1項の
規定に基づく表示の基準に関する内閣府令(平成23年内閣府令第45号。以下「府令」という。
)第1条第2項第5号及び第4項、第11条並びに第12条の規定に従い記載すること。
ウ アの規定にかかわらず、次の表の左欄に掲げる区分に該当するものにあっては、同表の右欄に掲げる名称をもって記載することができる。

このことにより、葉酸の400マイクログラムより少ないということがわかります。

 

妊娠中のビタミンAの摂取基準は、18?29歳の妊婦さんなら、妊娠初期〜中期で650μgRE、妊娠後期で730μgRE。30?49歳の妊婦さんは、妊娠初期〜中期で700μgRE、妊娠後期で780μgREとされています。

 

ベルタ葉酸サプリだけで摂取オーバーになることはありませんが、食品で多く含まれているレバーなどは、食べないようにしたほうが良いと思います。

 

野菜由来のベーターカロチン、人参や野菜などから体内でビタミンAに変わる物は、身体が必要以上にビタミンAに変換されないため問題はありません。

 

ベルタ葉酸サプリのビタミンAが量とか公開されていないためにいろいろ回り道して調べましたが、メーカーが妊婦さん向けに製造しているために必要以上に心配しなくても大丈夫ではないかと思います。

 

 ⇒ ベルタ葉酸サプリメントの公式ホームページで確認