DHA・EPA配合葉酸サプリ

DHA・EPAは妊活から産後まで大切な栄養素です。

ベルタ葉酸も6月のリニューアルでDHA・EPA配合の葉酸サプリへと進化しました。
美的ヌーボもDHA・EPA配合の葉酸サプリになって【美的ヌーボ・プレミアム】となりました。

 

まず、DHA・EPAがどのような働きをするのか、そして妊活や妊婦さん、赤ちゃんにどのような効果があるのか紹介します。

生活習慣病の予防

  • コレステロール・中性脂肪の低下
  • 高脂血症の改善
  • 高血圧の抑制
  • アルツハイマー・認知症の予防

DHA・EPA妊活への効果(男性不妊)

毎日新聞に次のような記事が有りました。要約します。
DHAはリン脂質の一部になって細胞の膜の構成要素になる。
DHAを含む膜が作られない場合、精子にどのような影響が出るのかを調べた。

 

精子については、採取した精子の90%が奇形で、頭部に余分な物質が付着し、卵子に侵入するための先端部分が折れ曲がっていた。
さらに、通常のマウスではほぼ100%成功する方法で5匹のマウスについて人工授精を試みたところ、全て失敗した。

 

精子のもとになる細胞は精巣で周囲の細胞に栄養を供給されながら成長し、最終的に周囲の細胞から切り離されて精子となる。DHAが含まれている膜の軟らかさが、切り離す際に余分な物を除去するのに適していると考えられるという。ところがDHAがないと、これが正常にできなくなり、重篤な不妊を伴う奇形の精子になるとみられる。

DHA・EPAの妊婦さんへの効果

妊産婦は、αリノレン酸やDHA、EPAなどのオメガ3系脂肪酸の枯渇しがちです。
オメガ3系不飽和脂肪酸が不足すると、産後うつ病の危険性に関与する可能性が考えられるため、こうした時期にはいつもに増して特に意識して摂取する必要があります。

  • 早産の防止
  • 低出生体重児出産のリスク防止
  •   (赤ちゃんの体重が出産時2500g以下をこのように呼びます)

  • 産後うつの予防効果

DHA・EPAの赤ちゃんへの効果

DHAは脳の脂肪酸の40%、網膜の脂肪酸の60%を占め神経細胞の重要な脂肪酸である
DHAの欠乏は脳の発達にも影響を及ぼすことが報告されている

DHA・EPAの1日あたりの必要量

厚生労働省は通常で1日1g、妊娠中には1.8gの摂取を推奨しています
チェックマーク
DHA・EPAは必須脂肪酸
DHAとEPAともオメガ3系高度不飽和脂肪酸という栄養素であり、化学的な構造も良く似ているため、同じ効果を示すことがあります。
消費者庁の食品の機能性モデル事業では、DHAとEPAの両者で心血管疾患リスク低減や血中中性脂肪低減あるいは関節リウマチ症状緩和に十分な根拠があるとされています。
しかしながら、DHAは脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、脳や神経組織の発育や機能維持の効果が期待されています。
一方、EPAは体の中でプロスタグランジンという物質に変化し、これが血液を固まらせにくく、血液をさらさらにすることから、抗血栓作用の効果が期待されています。

DHA・EPA配合葉酸サプリ おすすめランキング

市販されている人気の葉酸サプリの中から選んでます。
ランキングの基準は、単純にDHA・EPAの配合量です。

  商品名 配合量(1日分) 公式サイト
1位 ノコア 300mg
2位 美的ヌーボ・プレミアム 153mg
3位 ベルタ葉酸 配合量の記載なし ベルタ葉酸サプリ

DHA・EPAを摂取する裏技

葉酸サプリメントだけでは必要とされるDHA・EPAをおぎなうことが出来ません。
どうしても不足してしまいます。

 

市販のDHA・EPAサブリメントを利用する方法もありますが、費用がかかってしまいます。
そこでオススメしたいのが、スーパーやドラッグストアなどで販売されている

 

【アマニ油】です。

 

このアマニ油は、エゴマ油と同じようにαリノレン酸を豊富に含んでいます。
全体の6割近くがαリノレン酸です。

 

オメガ3系の油と言われます。

 

これが体内でDHA・EPAへと変換されます。
1日の必要量はティースプーン1杯分約3gで大丈夫です。

 

私も買ってきて使っていますのでご紹介します。

 

亜麻仁油

 

亜麻仁油成分

 

アマニ油食べ方

 

酸化が進みやすいαリノレン酸ですが、空気にふれないような工夫がされていて
内容量も145gと約1ヶ月半近く使えます

 

私が買った値段は898円でした

 

日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要で以下の通りに書かれています
DHA・EPA配合されていないサプリを使っている場合でもアマニ油を利用することで安心ですね
αリノレン酸摂取基準

まとめ

葉酸サプリを選ぶ基準の1つにDHA・EPAが配合されているものが良い
ただし
配合されていなかったり、量が少ない場合には、アマニ油などの高品質なαリノレン酸で補ってあげる。

 

いまは、αリノレン酸が豊富と言われる青身魚を食べなくなりました。
その代わりどちらかと言うとあまり身体に良くないお肉が多くなりがちですね。

 

油でソテーしたり揚げ物だったりと・・・
妊娠していなくても健康のために家族でアマニ油使うのもありだと思いますよ^^

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。