妊活に人気の漢方 婦宝当帰膠とは

妊活に漢方を利用されている方は多いです、その中でも利用度の高い婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)について

 

 

副作用について

  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢
  • 発疹、発赤、かゆみ
  • 肝機能の異常

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は女性にとって、宝と言われるくらい重宝する漢方です。
美容だけではなく、女性特有の病を改善してくれます。

 

とりわけ血の巡りをよくしてくれるので、肌が綺麗になったり、貧血やめまい、のぼせ、冷え症、肩こり、頭痛、
耳鳴り、生理不順、生理痛、腰痛、腹痛、胃腸の整腸、女性ホルモンの調節、造血作用、子宮内膜改善、
鎮痛作用、更年期症状の緩和などに効果があります。

 

婦宝当帰膠の成分としては、セリ科の植物である当帰をはじめ、血の巡りをよくする9つの生薬が配合されています。

 

女性は毎月必ず月経があり、少しずつ血液が失われていきます。

 

それだけでも貧血気味にはなりやすいものです。毎月しっかり失われた分を補い、新たに造血することも必要です。

 

血の巡りが上手く運ばれていないと血液の需要と供給がおかしくなり、様々な血にまつわる病気になる可能性があります。

 

それを手助けしてくれるのが婦宝当帰膠という漢方薬なのです。
漢方なので薬品と違い、生薬によって穏やかに効いていくところも身体には安心です。

 

また不妊にもいいといわれていて、妊活中の多くの女性が取り入れていることも事実です。
強い薬を飲めない時にはいい効果をもたらしてくれるでしょう。

 

ただこれだけが不妊に効くというわけではなく、ひとそれぞれ体質も違うため、しっかりと専門家にカウンセリングを受けてから服用またはその他の漢方と併用するのがいいでしょう。

 

口コミで飲むよりも自分に合ったものを処方してもらうのが一番安全です。

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活におすすめの漢方 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)について関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。