妊活に補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

今回は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)について取り上げてみます。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

不妊の原因には、ストレスや不眠などによる体調不良、栄養バランスの乱れなど些細なものが影響している場合もあるようです。
漢方薬や妊活に適したサプリメントの利用もおすすめできると思います。

 

補中益気湯は、胃腸の調子を整え、身体を元気にしてくれる漢方です。また虚弱体質や疲れやすい方にも向いています。

 

おもな成分としては、滋養強壮作用のあるニンジンとオウギ、炎症を和らげるサイコ、血液の流れをよくして血に関連する病気を治すトウキ、水分の循環をよくしてくれるソウジュツ、胃腸の働きを改善するチンピ、ショウキョウなど合わせて10種類の生薬が配合されています。

配合されている生薬

  • 人参(ニンジン):オタネニンジンの根
  • 白朮(ビャクジュツ):オオバナオケラの根茎
  • 黄耆(オウギ):マメ科キバナオウギまたは同属植物の根を乾燥したもの
  • 当帰(トウキ):セリ科カラトウキの根
  • 陳皮(チンピ):ミカン科ミカンその他柑橘類の成熟果皮
  • 大棗(タイソウ):ナツメの果実を乾燥したもの
  • 柴胡(サイコ):ミシマサイコまたは同属植物の根
  • 甘草(カンゾウ):ウラルカンゾウまたはネンキンカンゾウまたは近縁植物の根
  • 生姜(ショウキョウ):ショウガの根茎
  • 升麻(ショウマ):サラシナショウマまたはその同族近縁植物の根茎

補中益気湯は不妊治療として有名な漢方ですが、男性に特化して勧められるものです。
低下気味の男性機能を正常に働くようにしてくれます。

 

元気のない精子を活発化させたり、精子の数を増やしたり、男性ホルモンであるテストステロンを分泌させたりしてくれたり、精子の運動率を上げるなど様々な効果が期待できるのです。

 

なかなか赤ちゃんができないと悩んでいる多くの夫婦に、男性側に原因がある場合もけして少なくないといわれています。

 

しかし女性が飲んでもホルモンのバランスを整えてくれるため、夫婦で一緒に服用するのもいいでしょう。

 

また漢方だけに頼って妊活をするのではなく、日頃からストレスを溜めないようにし、バランスの取れた食事を摂り、規則正しい生活を送り、漢方と合わせて相乗効果が出るようにすれば、望んだように妊娠、出産が期待できるでしょう。

 

妊活も結果がでないと落ちこんで逆にストレスを溜めてしまうこともあるので気長に体質を改善させていくことが大事です。元々漢方は穏やかに効いていくものなのであせらずに経過を見ていくといいでしょう。

 

注意 漢方薬は、副作用が少ないと言っても、お薬ですので、漢方専門の薬剤師さんや医師に相談しながら飲まれることをお薦めいたします。
価格もけして安くありませんし、自分の症状がこの漢方に適しているのか、自己判断は危険です。

 

それよりも、妊活に特化して作られた、下のハーブティは実績もありますしおすすめできると思います。
価格も抑えられており、続けやすく、味も飲みやすいので人気の品です。

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活漢方 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)について関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。