妊活で用いられる漢方 加味逍遥散かみしょうさんとは

加味逍遥散は、女性だけでなく男性にも使われる漢方です。

 

加味逍遥散は、男女問わずよく飲まれる漢方薬の一つです。

 

成分としては、不妊にも効果があるとされ漢方薬のほとんどに入っているといわれる当帰をはじめ、血流をよくしたり不眠などにも効く生薬など、全部で10種類の生薬が配合されています。

 

女性だけの不妊治療だけではなく、男性の精子の運動率を上げるなどといわれているため、夫婦で服用して妊娠力を高めることができるでしょう。

 

更年期障害も女性だけのものではなく、男性も同じように更年期障害、鬱病にもなるので症状を良く観察し取り入れるといいでしょう。

 

おもな効能として挙げられるのは、不眠症、鬱病、血行不良、不妊、ストレス、冷え症、虚弱体質、月経不順、
月経困難、更年期障害、自律神経の緊張、神経症、肩こり、胃下垂症、胃拡張症、便秘症、湿疹、胃神経症、頭痛、倦怠感などです。

 

赤ちゃんを望む人に効く漢方はいくつかあるのですが、加味逍遥散は精神的に不安定な人向けでもあります。

 

気分にむらがあったり、常に不安感を抱えていたり、落ち込みやすい方には適しているようです。

 

自律神経やホルモンバランスを整えてくれる効果があるので自分の症状をよく把握しましょう。

 

漢方薬にはたくさんの種類があり、服用し始めてから約一ヵ月間は続ける必要があります。

 

即効性がないからとすぐに次の漢方を試すというのはあまりよくありません。

 

また飲み始めてから、なんらかの副作用が出た場合、体質に合わないこともあるので慎重に様子を見ることも大切です。

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活漢方 加味逍遥散 かみしょうさんについて関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。