妊活 漢方薬

不妊治療でよく使われる漢方薬

漢方薬画像

 

証に合った漢方で体の弱い部分を改善する

妊娠しやすい母体づくりを目指す漢方では、その人の証に合わせた薬を処方します。

 

不妊治療の漢方薬としても婦人の聖薬とも言われる「当帰芍薬散」がよく知られていますが実際には「当帰芍薬散」を最初から処方することは多くありません

 

まずは不妊のタイプに合わせた漢方薬で体を温めたり水毒や?血を取り除いたり、胃の働きを高めたりします。
そして弱い部分を改善し体が整ってきたら「当帰芍薬散」で仕上げをするのです

 

すると当帰芍薬散がその効果を十分に発揮します
不妊治療でよく使われる漢方薬は次のようなものです

温経湯(うんけいとう)

冷え、のぼせや、肌の乾燥、生理不順などに血流を良くして体を温める。
参考:遠赤外線で身体を芯から温めるサンマット

帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)

胃が弱い体力がない汗をかく疲れやすいと言った人にを整える

きゅうききょうがいとう

出血を止める働きがあり、流産止めとしてよく用いられる

けいしかりゅうこつぼれいとう

ストレスを受けやすい虚弱タイプの男性不妊に
鎮静作用があり心を落ち着かせる

桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)

お血を取り血流をよくする、代表的なお血血剤
下腹部にお血の圧痛が見られる場合

血府逐お湯(けっぷちくおとう)

末端より体の中心に冷えが見える見られる人に
気・血・水の巡りを良くする

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

体力がなく、顔色も優れない、とても虚弱なタイプに
気分を落ち着け体力を補う

十全大補湯

体力が低下し、全身が弱っている人、貧血気味の人に。
体力や気力を補う

折衝飲(せっしょういん)

駆お血剤の代表的な薬方
お血がありお腹が張りやすい人に

大柴胡湯合桂枝茯苓丸料(だいさいことうごうけいしぶくりょうがんりょう)

体力のある固太りの人に。
脂肪の代謝を良くし、お血も取り去り体重を減少させる

当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)

しもやけがよくできる、冷え性の人に
血流を良くし体を温める

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体が弱く貧血気味の人に
血を補い水毒を取り、胃の働きを促す。
流産止めにも

八味地黄湯(はちみじおうとう)

冬は手足が冷え、夏はほてるタイプの男性不妊に
腎の働きを高める代表的な薬方

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

汗の多い水太りタイプに
水分代謝を良くする利水剤の代表的な薬方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

病後など食欲もなく疲れやすい人に
胃腸の働きを高め体力を回復させる

六味地黄湯(ろくみじおうがん)

加齢などによる腎虚、下半身の衰え体力の低下に
腎を補うための基本の薬方

 

妊活をされるなら、漢方薬を使う前に妊活用に特化して作られたハーブティを試してみませんか
助産師の浅井さんが不妊の方に配られていたものが、口コミで話題になり製品化された物です。
こちらのページでご紹介しています、よかったらご覧ください

 

 参考 浅井助産師さん監修の妊活ハーブティ

妊活に使われる漢方を取り上げてみました。関連ページ

妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。