妊活で人気の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)について

妊活で人気の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)についてご紹介します。

けいしぶくりょうがん

画像は見本です、漢方もお薬ですのでお医者さんや薬剤師さんにご相談の上使用して下さい

 

桂枝茯苓丸は女性向けの漢方で、どちらかというとがっしりとした体型で、熱のパワーを持った、赤ら顔の方に向いています。

 

この漢方は血行障害に難がある人に効果をもたらします。また悪い血液を取り除き、流れをよくし、ホルモンバランスを整える働きがあります。

 

おもな成分としては、5種類の生薬が配合されています。

 

痛みを和らげるシャクヤクをはじめ、血液の循環をよくしてくれるトウニン、ボタンピ、発散作用や胃を丈夫にするケイヒ、気分や精神を安定させるブクリョウが入っています。

 

これらの生薬が一緒に組み合わさる事でよりよい効果をもたらしてくれるのです。

 

効能は、生理痛や生理不順、肩こり、めまい、頭痛、足の冷え、のぼせ、ニキビやシミ、肌荒れ、しもやけ、うち身、痔、肝臓疾患、更年期障害や子宮内膜症や子宮筋腫などが挙げられます。

 

また桂枝茯苓丸は不妊にも効果が期待できるといわれています。

 

服用していくと狂ってしまった月経周期や基礎体温が安定し妊娠しやすい身体になりやすくなるためです。

 

排卵の可能性を高めていったり、子宮の炎症なども緩和したり、乱れてしまったホルモンバランスを調節してくれたりします。

 

そういった様々な効能があれば自然に妊娠力が高まり、赤ちゃんができやすい身体に変わっていきます。

 

また妊娠するためにはしっかりとした血液が必要です。血行不良がよくなることで冷えやのぼせが治まり身体の熱バランスが整えられていきます。

 

妊娠に向けて体内環境が整えば、自然妊娠も夢ではなくなるでしょう。

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活漢方 桂枝茯苓丸 けいしぶくりょうがん関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。