妊活女性へ 当帰芍薬散の効果効能とは

当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)とはどのようなものかご説明します。

当帰芍薬散画像

 

漢方副作用百科

副作用について漢方薬副作用百科によると
・60代の女性が進行性全身性強皮症で治療中に、医師に内緒で当帰芍薬散を飲んでいたところ、白血球減少と貧血の症状が出た。
服薬を中止したところ、すぐにに症状が改善した。

 

・20代の女性が4年前から月経困難症のため市販の当帰芍薬散を服用、腹部と背中に色素斑が出現、上腕にも拡大し皮膚科を受診、当帰芍薬散の成分の皮膚貼付試験で陽性反応が現れる当帰芍薬散の内服を中止して色素沈着は徐々になくなった

 

・20代の女性は2ヶ月前から左鼠径部に痒みを伴うが紅斑あり、紅斑の中央に、水疱びらんを伴い周辺部はやや浮腫状で色素沈着があり、紅斑の出現の少し前から当帰芍薬散を内服していることが判明、内服誘発試験で鼠径部に紅斑が再燃

 

・20代の女性が出産後冷えを自覚、軽快していたアトピー性皮膚炎が増悪し、当帰芍薬散エキスを投与したところ、最初の1服を内服してし4時間から5時間後、体幹、四肢に播種上に紅斑、丘疹生じ、問診の結果中将油を服用したときも最初の1個服用後15時間後に、同様の皮疹が出現した事が判明、当帰芍薬散と中将油に共通する生薬をのいずれかによる影響と考えられる。

当帰芍薬散は、女性向けの漢方であり女性特有の病に効果があります。

 

色白で華奢な方、経血量が少ない方や虚弱体質の方など、服用することで体質を改善することが望めます。また様々な効能があります。

 

おもなものに、貧血や冷え症、めまい、立ちくらみ、肩こり、動悸、更年期障害、疲労倦怠、腰痛、四肢のしびれ、頭痛、下痢、しもやけ、むくみ、しみ、くすみ、耳鳴り、月経異常、月経不順、不妊症などです。

 

とにかく血行を良くしてくれるため、身体が温まり、血の巡りが回り、様々な血流に関する病に効果が期待できるのです。また乱れてしまったホルモンバランスを正常にし、痛みを和らげたりもします。

 

成分としては、セリ科の根である当帰をはじめ、他に5つの生薬が入っています。そしてそれぞれの薬効成分が組み合わさることにより、相乗効果が期待できます。

 

不妊症の人にも効果が期待できるといわれ、なかなか妊娠できない人や流産しやすい人にもよく使われています。

 

妊娠力を高めてくれると言われ、諦めかけていた人もこの当帰芍薬散で妊娠することができたという報告も数多く聞かれているのは事実です。

 

当帰芍薬散には、身体に必要な血液を増やし、身体の体液を調節し、弱り気味の子宮と卵巣に力をつけてくれる効果があるのです。

 

ただし専門家のアドバイスをよく聞いてから取り入れることをお勧めします。

 

漢方だけに頼って妊活をするのではなく、食事や生活環境も合わせて見直していくと妊娠が望めるでしょう。

 

赤ちゃんが欲しいと希望されている方に向けて、東海大学医学部の漢方教室のサイトが公開されていましたので、ご紹介します。

 

専門的な見地から、不妊の原因に処方する漢方薬や、不妊に対する漢方の考え方や役割など紹介されています。

 

女性の身体を整えながら男性も一緒に治療するのが良いとされています。
詳しくはこちらから  東海大学医学部漢方教室

 

漢方薬を利用する前にあなたの身体に必要なビタミン・ミネラルは不足していませんか?

 

食事から不足しがちな栄養素を補って、体質改善を助けるサプリメントがあります。
100%の天然成分から作られていて安心です。

 

1日200円ちょっとの出費になりますが、食事の補助と思えばそう高くもありません
毎日の栄養管理から少しだけ開放されますよ
ストレスフリーの生活が妊活への近道だと思います。

 

 美的ヌーボで体質改善!授かりやすい身体に

 

ポイント

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活女性の漢方 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
温経湯について
妊活中の女性に人気の高い漢方、温経湯 うんけいとう について解説します。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。