妊活女性の頼もしい味方 温経湯 とは

妊娠を希望されるいわゆるベビマチ女性に人気の漢方温経湯について

 

温経湯は、女性特有の病におすすめの漢方です。

 

服用すると、身体を温め、血行を促し、乱れてしまったホルモンバランスを整えてくれる効能があります。

 

参考:冷えから身体を温めるサンマット

 

ホルモン分泌が低下している場合は促進させ、過剰な場合はそれを逆に抑えるという役目もしてくれます。

 

ホルモンバランスの異常は精神状態にも悪影響を及ぼすものですので注意する必要があります。顔色が悪く体力がない女性にも良いでしょう。

 

 

また月経周期が不規則な方や月経異常があるなど、血にまつわる病に効きます。

 

他に子宮内膜炎や更年期障害、不眠症、神経痛、口唇や肌の乾燥、手荒れ、湿疹、しもやけ、頭痛、足腰の冷え、のぼせ、不妊治療にも補助的によく使われたりします。

 

主な成分としては、身体を内側から温めてくれる生薬、ゴシュユやショウキョウなどを始め、全部で12種類の生薬からできています。

 

赤ちゃんを望んでいる人によく飲まれている漢方ですが、これがいいと聞き漢方ばかりに頼るのではなく、他の外的要因も影響したりするので普段から身体が冷えないようにすることも大切です。

 

漢方で身体を温めても身体を冷やす食事などをしていると元も子もないのです。

 

あくまで補助的なものと考えて、赤ちゃんを望むのであればストレスを溜めないようにしたり、睡眠やバランスのとれた栄養を摂るなど様々な要因を考えて漢方と併用するといいですね。

 

そうすれば漢方の力を借りて妊娠力もアップし、妊娠も、出産も円滑に進むことでしょう。

 

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

妊活におすすめの漢方温経湯(うんけいとう)について関連ページ

妊活に利用される漢方薬
妊活に使われる漢方をご紹介します。種類も多く、その人の状態に合わせて、専門家からアドバイスを受けて下さい。
妊活漢方当帰芍薬散
まず最初にご紹介する漢方は、当帰芍薬散についてどのような効能なのかご紹介します。
婦宝当帰膠
妊活中の女性に注目の漢方、婦宝当帰膠 ふほうとうきこう について効果と効能を分かりやすくまとめてみました。参考になれば幸いです。
加味逍遥散とは
妊活漢方ってなんだか忍者みたいですw 今回は、加味逍遥散 かみしょうさんをご紹介します。
桂枝茯苓丸とは
今回は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがんと読みます)を取り上げてご紹介したいと思います。
補中益気湯とは
妊活に漢方を利用してみたい方に向けて、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)についてご紹介しています。
漢方の前に必要な事
妊活中に漢方薬を利用される方も多いと思いますが、その前に妊娠に必要とされるビタミン・ミネラルについて少しお話させて下さい。