葉酸のサプリメントは口内炎にも良いかもしれない

子供の頃から悩まされていた口内炎が近頃発生しないのはなぜ

誰しも、口内炎に悩まされたことがあると思います。
私も子供の頃から、ちょくちょく出来ていました、母親も口内炎ができてたので
体質なのかもと思っていたのですが・・・
気が付くとここ数年口内炎に悩まされていませんでした。
なぜだろうと思い、気がついた点をチェックし、口内炎についても調べてみました。

口内炎の出来る主な原因

口内炎の原因には以下の2通りあるようです。
傷が原因で口内炎ができる仕組み

  • 魚の骨などが刺さる、誤ってかむ、などして口の中に傷ができる。
  • この時、だ液の分泌が低下していると、細菌が洗い流せず傷で細菌が繁殖。
  • 炎症=口内炎になる。

原因不明で口内炎ができる仕組み

  • 口の粘膜は絶えず新陳代謝で再生しています。
  • 疲労やストレスで新陳代謝が低下すると、表面が荒れます。さらに悪化すると潰瘍(かいよう)になります。これはつまり、口の中に「胃潰瘍(いかいよう)」ができているようなものです。
  • 潰瘍は内側からできた傷のようなものです。

口内炎を治す薬には、ビタミンB2が入っていることは知られています
葉酸には、細胞の生成を助ける働きがあることも同じくしられています。
口の中に傷ができた場合の細胞の修復や、新陳代謝の活性化にも役立っているのではと思っています。
サプリメントには、葉酸の他にビタミン類も加えられています、私は、妊娠には関係ありませんが、
毎日、補助的に2粒200マイクログラム摂取しています。

 

それとお口の中を綺麗にするために、食後洗口液で歯磨きの後口をすすいでいます。
これもお口の中の菌を増やさないために有効で、口内炎の予防になるようです。

 

掛り付けの歯医者さんで、洗口液を勧められたのが10年ぐらい前ですが
口内炎はできていました。レーザーで傷口を焼いてもらったりしてましたから・・・
できなくなったのは、葉酸のサプリメントを飲むようになってからだと私の場合には考えています。