妊娠線の効果的なケア方法について

妊娠線が出来ないための予防法と適切なケアについて

妊娠線が出来た

妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。ということは正しいケアやスキンケア、対策を意識して行えば未然に防げるともいえると思います。
出来なかった人はどんなことを心掛けていたか知りたいですよね。

 

妊娠線は本当に個人差があり、出来方も多種多様のようです。跡も残り消えにくいと言われていますので、できれば作りたくないですね。

 

では妊娠線ができないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず体重の増加に気を付けることが大切です。妊婦さんが太ってもいい体重はだいたい7キロから12キロくらいと言われています。それ以上増えてしまうと、皮下脂肪や真皮、コラーゲンや弾性繊維が耐え切れず皮膚の断裂が起きやすくなります。
お腹だけでなく、二の腕やバスト、太もも、お尻も妊娠線はできますので油断はできません。
バランスのいい献立を考えて急激な体重増加が起きないようにコントロールするといいでしょう。

 

二つ目にスキンケアで対策することができます。

ステロイドホルモンの影響で、ただでさえ肌の弾力が失われやすいので保湿を心掛ける必要があります。妊婦さん用の妊娠線予防クリームなどはたくさんの種類が出回っています。少しお腹が出て来たかなと思う頃から臨月まで、丁寧にクリームを塗って優しく圧を加えずにマッサージをすることで皮膚の保湿は保たれます。

 

すぐにお腹が張ってしまう方は無理をせず、マッサージ不要の塗るだけのものを使うといいですね。塗るだけで浸透して保湿してくれるものも色々と種類があります。

 

バストも急激に発達しやすいので妊娠線が出来る人も多いです。上の方は優しく撫でおろし、下の方は下から優しく持ち上げるようにするといいでしょう。絶対に圧は加えずにソフトに撫でるようにしましょう。

 

旦那さんに毎日クリームや美容液やオイルを使ってマッサージなどをしてもらう人もいますので、日頃のケアを習慣づけたいですね。またお腹のハリが大きくなると、下の方は手が届かなくなりますので人に塗ってもらうのがいいですね。

 

妊婦さん用にエステも行っている所もあるので、金銭の余裕がある方は時々利用してマッサージしてもらうのもいいでしょう。マタニティエステを受ければ精神的にもリラックスできるメリットもあり、ストレスを感じたり、気分が沈んだ時などは受けてみるのも一つの案ですね。

 

また安定期に入ってから、マタニティヨガや軽いウォーキング、水中ウォーキングなどをして脂肪燃焼をするのもいいですね。ちょっと太り過ぎたかなと思ったら、無理をしない範囲でコントロールしていきましょう。

 

日ごとにお腹は大きくなりますので、自分でケアしたり色々な事を取り入れていきたいですね。妊娠線予防も毎日の積み重ねがものを言うのです。

 

妊娠線の効果的なケア方法について関連ページ

妊娠糖尿病を防ぐ玄米食
妊娠時に血糖値が上がり妊娠糖尿病と診断される方が多いようです。ここでは糖尿病に効果的と言われる玄米食についてご紹介しています。
妊娠線の出来る原因
妊娠中、お腹が大きくなってくると妊娠線が出来る場合があります。出産後も残ってしまい、見た目によくありません。そんな妊娠線の出来る原因とは
これって妊娠の兆候
葉酸の摂取を遅らせないために、妊娠の兆候とはどのようなものがあるのか、分かりやすくまとめてみました。
男性が原因の不妊証
男性型不妊症とは、「乏精子症」「無精子症」が有名ですが、その他にもあまり知られていませんでしたが、女性と同じように加齢も原因のひとつだそうです。男性原因の不妊症についてまとめました。
葉酸でダウン症が予防できるか
出産前診断において、ダウン症などの染色体に関する問題がわかるようになってきましたが、ダウン症は高齢出産でリスクが高まると言われています。そのリスクを葉酸の摂取で改善できるのでしょうか。
妊娠の仕組み
妊娠の仕組みをご存知ですか?卵子と精子で受精して、着床するのが妊娠ですが、その仕組を再度確認しておきましょう。
妊娠の兆候から
妊娠の兆候から、妊娠初期の症状、そしてツワリの対処や妊娠中の注意点についてまとめました。