妊娠の兆候について

初めての妊娠の場合に体の変化や兆候を知ることが大切です。

 

妊娠の兆候で代表的なものを教えて下さい

 

生理が来ないこと以外にも、微熱がある、眠い、だるい、胸が張るようになった
肌荒れ、頭痛など様々な症状が出てきます。また、食欲不振や吐き気がするなど、
つわりによる症状が出てくることがあります。

 

体質の変化にはどのようなものが

 

立ちくらみするようになりました。

妊娠すると普段より低血圧症状を起こしやすい傾向があるため、立ちくらみをすることがあります。
中には、ひどいめまいを感じるようになる妊婦さんがいます。

 

 

頭痛がひどくなりました

妊娠中は血管が緩むことで、頭痛を訴える人も多くいます。
また、妊娠にある緊張下のストレスや、肩こりなどが原因で頭痛を感じる妊婦さんらないでしょう

 

 

疲れやすくなりました

妊娠するとホルモンの変化や自律神経のバランスが崩れて基礎体温があがります。
つそのため、だるさを感じる人もいます。また貧血も疲れやすくなることの一因となります。

 

朝起きるのがつらくなりました

朝起きるときに何となくつらいのは、ホルモンの変化や自律神経のバランスが崩れて体温が上がり
だるさを感じることが大きな原因でしよう 風邪の引き始めのような熱っぽさを感じる人もいます。

 

おりものの臭いが強くなったような

妊娠すると、おりものが多少増えることがあります。ただ量が多い時や臭いが強い時、痒みを伴う場合には
膣炎の疑いがあるので早めに、病院を受診しましょう。

 

 

トイレが近くなりました

妊娠によって子宮は少しずつ大きくなってきます。子宮の前側には、膀胱があるため、子宮に圧迫されて尿意を催し結果
トイレが近くなることがあります。

 

胸の変化について

 

胸がチクチクします

妊娠の初期には、ホルモンの影響によって 乳房の張りを感じる人もいます。
ただ、月経前にも乳房が張ってくることが少なくないため、胸のハリの症状だけでなく、月経が来ないなど
他の症状と合わせて考えます。

 

胸が張って脇の下も痛くなりました。

わきの下の痛みは、おそらく副乳でしょう。副乳とは通常とは異なった場所に、乳腺組織が存在すること。
妊娠により乳腺が発達するため妊娠中に目立つことがありますが、産後は
元に戻ることがほとんどです。

 

おなかの症状について

生理痛のような下腹部痛があります。

妊娠して子宮が少しずつ大きくなっていく過程では、生理的な子宮収縮があります。
これを生理痛のような下腹部痛と感じることも、ただ他の病気が隠れていることもあるかもしれませんので、
早めに病院で検査を受けることをおすすめします。

妊娠の兆候は、このような変化があります、見逃さないで関連ページ

妊娠糖尿病を防ぐ玄米食
妊娠時に血糖値が上がり妊娠糖尿病と診断される方が多いようです。ここでは糖尿病に効果的と言われる玄米食についてご紹介しています。
妊娠線の出来る原因
妊娠中、お腹が大きくなってくると妊娠線が出来る場合があります。出産後も残ってしまい、見た目によくありません。そんな妊娠線の出来る原因とは
妊娠線の予防とケア
妊娠線が出来る前から、もし出来てしまったあとでも適切なケアをして綺麗な肌を保ちましょう。適切なケアの方法についてご紹介しています。
男性が原因の不妊証
男性型不妊症とは、「乏精子症」「無精子症」が有名ですが、その他にもあまり知られていませんでしたが、女性と同じように加齢も原因のひとつだそうです。男性原因の不妊症についてまとめました。
葉酸でダウン症が予防できるか
出産前診断において、ダウン症などの染色体に関する問題がわかるようになってきましたが、ダウン症は高齢出産でリスクが高まると言われています。そのリスクを葉酸の摂取で改善できるのでしょうか。
妊娠の仕組み
妊娠の仕組みをご存知ですか?卵子と精子で受精して、着床するのが妊娠ですが、その仕組を再度確認しておきましょう。
妊娠の兆候から
妊娠の兆候から、妊娠初期の症状、そしてツワリの対処や妊娠中の注意点についてまとめました。