妊娠中に注意 妊娠線が出来る原因とは

いやな妊娠線の出来る原因について調べてみました。

妊娠線についての画像

妊娠線が出来るのが嫌と言う方は多いですよね。だいたい妊婦さんの半分くらいの方に現れるようです。ちょうどお腹が出てくる5か月目から7か月過ぎたあたりにできやすいと言われています。それがネックとなって妊娠するのも躊躇してしまうなんて方もいるようです。

 

しかし正しいケアや対策をすれば必ずしも出来てしまうわけではないので、原因とケアを学んでいくといいと思います。中には全くできない人もいますし、一本だけできる人、10本くらいできてしまう人など個人差があるようです。

 

ではどうして妊娠線ができてしまうのでしょうか?

 

まず妊娠することによって、コルチコステロイドというステロイドホルモンが分泌します。このホルモンが分泌されると、なんと肌の弾力を失わせてしまう効果があるのです。どうしても避けられない現象なのできちんと受け止めることも大切です。

 

このホルモンが活性化することによって、ターンオーバーの働きが抑えられてしまい、コラーゲンの生成を妨げてしまうことになるのです。肌の新陳代謝が上手く行われないと肌は元気を失い、だんだんと弾力も無くなり、お肌そのものが弱くなってしまいます。そうすると皮膚組織が断裂しやすくなり妊娠線ができやすくなるのです。

 

また急激な体重増加も原因と言われています。妊娠中は食や味覚のコントロールが難しくなり、無性にジャンクフードが食べたくなったり、脂っこいものや甘いものを欲したり、普段食べないようなものを急に欲するようになったりもします。

 

ある程度制限しないと必要以上に体重が増加してしまう恐れがあります。
妊婦の適正体重を守ることも大切になります。

 

当然、急に体重が増えるとお腹も一気に大きくなりますよね。皮膚はある程度は伸びてくれるのですが、その下の皮膚組織である、真皮やコラーゲンや皮下脂肪、弾性繊維は急激な伸びに耐えられなくなります。そうすると断裂が起きてしまい、赤紫色の妊娠線である線状斑ができてしまうのです。

 

妊娠中は脂肪を蓄えようと働き、皮下脂肪はたくさん付いてしまいます。赤ちゃん分のふくらみにさらに皮下脂肪がたっぷりと付くと皮膚が伸び過ぎて断裂ができやすくなるのです。

 

また他の原因としてホルモンバランスが崩れることによってできることも考えらえます。新陳代謝の働きが上手く働かない事によって、皮膚の乾燥やかゆみを伴うことがあります。デリケートになったお肌は妊娠線ができやすくなってしまうのです。以上の事が原因で妊娠線はできてしまうのです。

 

妊娠中に注意 妊娠線が出来る原因とは関連ページ

妊娠糖尿病を防ぐ玄米食
妊娠時に血糖値が上がり妊娠糖尿病と診断される方が多いようです。ここでは糖尿病に効果的と言われる玄米食についてご紹介しています。
妊娠線の予防とケア
妊娠線が出来る前から、もし出来てしまったあとでも適切なケアをして綺麗な肌を保ちましょう。適切なケアの方法についてご紹介しています。
これって妊娠の兆候
葉酸の摂取を遅らせないために、妊娠の兆候とはどのようなものがあるのか、分かりやすくまとめてみました。
男性が原因の不妊証
男性型不妊症とは、「乏精子症」「無精子症」が有名ですが、その他にもあまり知られていませんでしたが、女性と同じように加齢も原因のひとつだそうです。男性原因の不妊症についてまとめました。
葉酸でダウン症が予防できるか
出産前診断において、ダウン症などの染色体に関する問題がわかるようになってきましたが、ダウン症は高齢出産でリスクが高まると言われています。そのリスクを葉酸の摂取で改善できるのでしょうか。
妊娠の仕組み
妊娠の仕組みをご存知ですか?卵子と精子で受精して、着床するのが妊娠ですが、その仕組を再度確認しておきましょう。
妊娠の兆候から
妊娠の兆候から、妊娠初期の症状、そしてツワリの対処や妊娠中の注意点についてまとめました。