妊活女子へ 必見!あなたの知らない葉酸のすぐれたパワー

ベビマチ 妊活女子へ あなたの知らない葉酸の知られざるパワーと役割

お母さんと赤ちゃんのイラスト

 

葉酸は一体どんな効果をもたらすのでしょうか?

 

葉酸はたんぱく質や核酸を作り、正常な遺伝情報を持つDNA細胞の生成に大変深く関わっていますので、積極的に取り入れていきたい栄養素なのです。

 

また細胞分裂を活発化してくれる葉酸には、子宮の中にもいい効果をもたらしてくれます。
葉酸は子宮内膜を強くしてくれる要素もあるのです。

 

そうして受精卵を守ることで妊娠しやすい、着床しやすい身体を作ってくれるのです。

 

母体共に健康で、正常で問題のない丈夫な赤ちゃんを産むには必要不可欠な要素が葉酸なのです。

 

今は女性が社会に出て、バリバリ働くのは当たり前の時代となりました。

 

そうすると結婚や子供を産むタイミングが遅くなり、健康な赤ちゃんが産めるかどうか神経質になることだと思います。

 

ネットや口コミで、妊活をしている女性に葉酸がとても大切だという話は聞いたことがある方は多いと思います。

 

インターネットで調べればいろんな情報が氾濫していますから、葉酸がどのような効果をもたらすか大変気になるところですよね。

 

葉酸は、妊娠を考えた瞬間からまず飲み始めるといいと言われています。母体には必要不可欠な要素となります。

 

赤ちゃんができてからの初期も重要で、葉酸を摂取することが厚生労働省からも推奨されているのです。

 

しかしただ単にいいからと言ってやみくもに飲むのではなく、どう身体に影響するのかを知識として知っておくことは大事ですね。

 

では葉酸は具体的にどんな役割をはたしてくれるのでしょうか?

妊娠したての女性イラスト

葉酸は妊活だけでなく、普段にも必要な栄養素でもあります。

 

細胞の分裂、分化には欠かせない遺伝子を作る核酸の合成に関わっています。

 

また赤血球の核酸やたんぱく質の合成のための酵素の補酵素として大変重要な役割を担っているのです。

 

難しく聞こえると思いますが、葉酸は血を作るビタミンともいわれていて、赤血球を作るのに関与しています。

 

葉酸が十分に足りていないと、赤血球の数が減ってしまったり、間違った遺伝情報を持つ赤血球が作られてしまったりするのです。

 

そうすると、めまいや立ちくらみ、吐き気、頭痛などの症状、悪性の貧血になったりします。

 

葉酸をしっかり摂っていないと血が作られず、慢性的な悪性貧血を招くことになるので注意したいものです。

 

妊娠すると赤ちゃんのために、身体は大量の血液を必要としますので貧血は絶対にあってはならない症状の一つなのです。

 

葉酸は、神経細胞にも重要な役割を果たします。

 

日々の生活の中でストレスや生活習慣で活性酸素が出てしまったりすると、リン脂質が壊されてしまって、リン脂質に覆われているはずの神経細胞に影響を及ぼすのです。

 

神経細胞を守るものが無くなれば、正常な信号伝達に支障を来してしまいます。

 

唯一このリン脂質を回復させるのが葉酸なので、葉酸を摂取していれば神経伝達障害を未然に防ぐことができるのです。

 

そして二分脊椎発症のリスクを軽減させることもできます。

 

いわゆる赤ちゃんの脊椎などや神経が作られる時期に上手く神経伝達が行われないと、先天的に脊椎骨が形成不全で生まれることになるということです。

 

この症状が背中から上に現れると、無脳症になり死産や流産という可能性も起こり得るのです。

 

厚生労働省はこのような症状を防ぐために十分に葉酸を摂る必要があると呼びかけています。

 

この呼びかけで二分脊椎発症のリスクを70%も減らすことができることがわかっています。

 

以上のことを知るだけで、もう今すぐに葉酸を飲まなくちゃという思いに駆られますよね。

 

赤ちゃんを欲しいと考えている方に知ってもらいたい、しっかりと摂ってもらいたい、それが葉酸なのです。

 

>>> こちらでおすすめの葉酸サプリを紹介しています