胎児の成長にも欠かせないオメガ3系オイルとは

オメガ3系(EPA DHA)の必要性について

 

身体にいい油って知っていますか?最近は健康ブームですから聞いたことがある方も多いと思います。でも油といっても種類は豊富で、どれが身体によくてどんな風に取り入れたらいいか具体的にはわからない人も少なくないと思います。
身体に必要な油として、オメガ6系のリノール酸、オメガ3系のリノレン酸があります。

 

多くの人が一般的に摂取している、揚げ物、マーガリン、お菓子、スナック菓子やケーキ、パンなどは主にリノール酸の油で作られています。

 

オメガ3系の油は身体にとてもよく、日常的に摂取した方がいいと言われています。
亜麻仁油、シソ油、えごま油などが代表的です。他に青魚からも摂ることが出来ます。また生クルミにも豊富に含まれています。

 

しかし現代は仕事で忙しかったりして食生活も乱れがちです。それに加え、欧米食ばかり食べている傾向があるため、魚を取る量も減ってきているといわれています。

 

簡単に食べれるコンビニの食事や外食ばかりですと栄養が偏ってしまいますね。

 

偏った食事をしているとリノール酸とリノレン酸のバランスも極端になってしまい身体にはよくありません。どちらもバランスよく摂る必要があります。

 

ではリノレン酸の油にはどんな効果があるのでしょうか?

 

 

オメガ3系の油は、コレステロールや中性脂肪を下げたり、動脈硬化を防ぐといわれています。また生活習慣病といわれる病気に効果があります。

 

逆にリノール酸を摂り過ぎてしまうと、体内のホルモンのバランスが崩れたり、免疫力が低下するといったことが見られます。高血圧や喘息、花粉症、アレルギーを引き起こすこともあります。

 

 

油が原因で身体が不調になってしまい、不妊の要因になっていることもありますので日頃から気をつけて摂ることが大切ですね。
またオメガ3系の油は美容や健康にもいいですし、アンチエイジングにも効果的といわれています。

 

また、中性脂肪を溶かす作用もあるのでダイエットの味方になります。
注意点としては、酸化しやすく熱に弱い所です。ですからドレッシングオイルとしてサラダにかけたり、生で摂るようにします。一日小匙スプーンで一杯そのまま口に入れて飲んだりする人もいるようです。

 

酸化しやすいのでしっかり蓋を閉めて冷蔵庫で保存すると長持ちします。

 

オメガ3系の油は普段摂りにくいので積極的に取り入れていきましょう。

 

身体が元気になる事で妊娠しやすい母体になり、不妊で悩んでいる人は食生活を見直してみるといいかもしれませんね。摂っていた油が原因だったと気付く人も意外に多いかもしれません。

 

 オメガ3系のDHA・EPAを豊富に含んだ葉酸サプリメント「美的ヌーボプレミアム」はこちらです