妊娠初期からの食事

赤ちゃんのために妊娠初期から気を付けて欲しい食事について

妊娠したら、赤ちゃんの為にたくさん栄養を摂らなくちゃ!と皆さん考えると思いますが、では具体的に一体どのような栄養を摂るためにどのような物を食べるのがベストなのでしょうか。

 

まず、筋肉や皮膚などを構成する、体の主成分「たんぱく質」は不可欠です。魚や肉や大豆製品がその類ですが、その中のどれかを食べれば良いということではなく、それぞれ異なった働きを持つ脂肪酸を含んでいるので、それら全てをバランスよく食べることが大切だと知っていましたか?

 

肉や魚はカロリーを摂りすぎないよう、赤身を選んで食べるようにしましょう。大豆製品は植物性のたんぱく質なので低カロリーで、食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富に含む、大変優秀な食材です。

 

ビタミンや食物繊維といえば、緑黄色野菜も欠かせません。ホウレンソウやにんじん、カボチャ、ブロッコリー、トマト、ピーマンなどの色の濃い野菜です。生で食べるよりも、蒸したり煮たりすると量を食べやすくなりますね。

 

それから骨や歯、血液の成分として赤ちゃんの体作りに重要な「カルシウム」の存在も忘れてはなりません。
血液中のカルシウムの濃度は常に一定に保たれる仕組みになっているので、もしも不足した場合には、骨や歯から溶け出すことによって補われます。妊娠中は赤ちゃんにもまわされるので、十分に摂れていないとママの歯や骨がもろくなっていってしまいます。
そんな恐ろしいことを避けるため、チーズやヨーグルトの乳製品、小魚等は毎日摂る必要があります。

 

そして葉酸。葉酸は赤ちゃんの脳神経の発達と、神経管の形成に大きく関係しており、摂取することによって予防することが出来ると言われている病気があります。
モロヘイヤ、アスパラなどの野菜や、わかめや海苔に含まれています。

 

他にもおすすめの食べ物はたくさんありますが、逆に気を付けた方が良い食べ物もあったりして、よく分からなくなるかも知れません。
また、妊娠中はつわりやストレス等で偏食しがちになりますし、食べた方が良いことは分かっていてもどうしても食べられない、好き嫌いもあると思います。

 

そんなときはやっぱりサプリメントに少しサポートしてもらっていれば肉体的にも精神的にも安心です。
出来るだけバランスの摂れた食事と、多少の不足分を補うサプリメント。こうしていけば頑張りすぎてストレスを溜めてしまうこともなく、万全に赤ちゃんを育てていけると思いませんか?
何よりも、心穏やかに過ごせることが一番の健康です。