カリフラワーには葉酸がたっぷり

冬が旬の野菜 カリフラワーには葉酸が豊富です

カリフラワー

冬場が旬の野菜カリフラワーには、葉酸が多く含まれています。100グラムあたり94マイクログラムと他の野菜よりも多いです。
やはり、野菜は、旬のものが栄養価も高く努めて旬のものをとるようにしましょう。

 

カリフラワーには、葉酸の他にも、次のような栄養素が含まれています。

栄養素名 含有量
カロテン 27kcal
ビタミンE 0.2mg
ビタミンK 17μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.11mg
ナイアシン 0.7mg
ビタミンB6 0.23mg
葉酸 94μg
パントテン酸 1.3mg
ビタミンC 81mg
ナトリウム 8mg
カリウム 410mg
カルシウム 24mg
りん 68mg
0.6mg

 

カリフラワーとブロッコリー似てるけど何が違うのかな

 

カリフラワーは色が白いので栄養があまり含まれていない様に感じますが実はビタミン Cをはじめ色々な栄養素が含まれています。

 

カリフラワーとブロッコリーはどちらもキャベツと同じアブラナ科の野菜だそうです。
元々野生であったキャベツの花とつぼみの部分が大きくなったものをブロッコリーと呼び、ある日突然変異をしたブロッコリーを品種改良されたものがカリフラワーだそうです。

 

カリフラワーには生活習慣病予防の効果があります

 

カリフラワー には、MATSと言う特有の物質が含まれているそうで、この物質には強い抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用は脳卒中や心臓病の原因となる動脈硬化や血栓ができるのを防ぐ働きもあります。

 

その他コレステロールが体内に吸収されるのを防ぐ効果もあります。

  • カリフラワーの栄養と働き
  • 免疫力をアップさせる働き
  • 免疫力を高めるビタミンCが豊富に含まれていて風邪などを予防する作用があります

 

美肌効果
ビタミンCは免疫力をアップさせるだけでなくシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあり透明感のある肌を作ります

 

冬に食べたい葉酸を多く含む食品カリフラワー関連ページ

マルチビタミンの影響
普段何気なく飲んでいる方が多いと思われる「マルチビタミン」が実は胎児に悪影響を与えるという記事を目にしましたのでご紹介します。
野菜一日これ一本超濃縮 葉酸
カゴメの「野菜一日これ一本超濃縮」シリーズに葉酸配合の商品が加わるようです。今回はこの商品を取り上げてみたいと思います。
坂戸市の葉酸プロジェクト
埼玉県の坂戸市は市役所が中心となって市民の健康管理のために「葉酸」の摂取を積極的に進めています。その取り組みをお伝えします。
血管年齢若返り
血管若返りスペシャルで血管年齢を若返らせるのにビタミンB群の一種である「葉酸」が効果的であると紹介されました。その効果とは?
沖縄での報告
沖縄での調査ですが、妊婦さんの栄養調査を行ったところ心配な点が指摘されています。その内容について
厚労省報告書
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書によります妊娠時に通常よりも多く必要な栄養素の一覧をご紹介します。
葉酸は動脈硬化を防ぐ
葉酸の摂取により動脈硬化を防ぐことが日本心臓財団の報告にも出ています。葉酸は、妊婦さんだけでなく積極的に摂取するべきだと思います。
フローズンサラダ
シャープから、冷凍野菜でフローズンサラダが作れる、スロージューサーが発売されるようです。どのようなメリットがあるのかご紹介します。
ビーツで葉酸
西洋野菜のビーツ、ロシア料理のボルシチで使われているのでご存じの方も多いと思いますが、非常に栄養価の高い野菜で葉酸もたっぷり
朝食バナナのむヨーグルト
日清から朝食バナナのむヨーグルトが2月9日に発売されるようです。これには各種ビタミンや葉酸も配合されているとのこと、ヨーグルトと葉酸が摂れるのはべんりかも
葉酸配合の青汁飲料
タカナシ乳業株式会社より「タカナシ LGGのむヨーグルト×ファンケル青汁 1日分の葉酸」が新発売されます。成分などについてご紹介
妊婦には、葉酸とビタミンDが不足
産婦人科学会の3月5日のシンポジュウムでの公演で、妊婦さんのビタミン欠乏による問題点が報告された。記事をまとめました
尿酸値と葉酸摂取の関係
国内の報告ではありませんが、尿酸値と葉酸に関する報告が上がっていましたのでお知らせします。