何歳でも血管年齢は若返る葉酸の秘めた効果

葉酸は赤ちゃんの成長だけでは無かった、血管年齢の若返りにも

血管の若返り、加齢やストレス、食生活の乱れによって
硬くなり弾力性を失った血管を、改善する効果が葉酸にあると
番組で取り上げられました。

 

以前、コーヒーにもそのような血管若帰り効果があるので
1日に2杯程度のコーヒーを飲むのが良いとテレビ番組の中で
ドクターが解説していました。

 

今回は葉酸でしたので、このサイトで取り上げてみたいと思います。

 

香川靖雄 医学博士
<葉酸>
ビタミンB群の一種。近年、動脈硬化による脳卒中を、予防できる可能性がある事が分かってきた。
血管に有害なホモシステインを減らすのに役立つ。
<ホモシステイン>
血液中に含まれるアミノ酸の一種。 増えすぎると、コレステロールと共に血管の壁に入り込み、動脈硬化を促進してしまう。

 

<埼玉県坂戸市 葉酸プロジェクト>
食と健康のプランニングセミナー(坂戸市在住の20歳以上が対象(先着順/無料))
@健康づくりの為の最新情報を学ぶ。
A採血と食事調査→自分の現在の状態を把握。
B血液検査結果の返却。
 栄養士から食生活の指導。
C運動教室・食事教室などに参加し、自分に合う方法で健康づくりに取り組む。
D5か月後に2回目の採血と食事調査。
E6か月後に血液検査結果の返却。
 自分の体がどれだけ変化したかを確認。
坂戸市葉酸プロジェクトに参加した人の血液検査結果(平均値)
[葉酸値]
12、9ng/ml → 16、3ng/ml
[ホモシステイン値]
8、3μmol/L → 7、2μmol/L

 

その他 お酒を飲む方、アルコールの代謝にも葉酸は活躍するようです。
このサイトは、妊婦さんに向けての葉酸の大切さをご紹介してきましたが、葉酸は
妊婦さんにかぎらず、男女・年齢問わずで大切な栄養素だと理解しました。

 

できるだけバランスの良い食事を心がけたいものですが、食生活の不規則な方や
妊活をされている方など、補う意味で安全なサプリメントの摂取を心がけるように
されたほうが懸命かもしれませんね。

 

 

8月18日放送「主治医が見つかる診療所」で葉酸がテーマに関連ページ

マルチビタミンの影響
普段何気なく飲んでいる方が多いと思われる「マルチビタミン」が実は胎児に悪影響を与えるという記事を目にしましたのでご紹介します。
野菜一日これ一本超濃縮 葉酸
カゴメの「野菜一日これ一本超濃縮」シリーズに葉酸配合の商品が加わるようです。今回はこの商品を取り上げてみたいと思います。
坂戸市の葉酸プロジェクト
埼玉県の坂戸市は市役所が中心となって市民の健康管理のために「葉酸」の摂取を積極的に進めています。その取り組みをお伝えします。
沖縄での報告
沖縄での調査ですが、妊婦さんの栄養調査を行ったところ心配な点が指摘されています。その内容について
カリフラワーは葉酸が豊富
冬が旬のカリフラワーは、葉酸以外にも栄養が豊富で、ぜひ食べていただきたい食材の1つです。
厚労省報告書
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書によります妊娠時に通常よりも多く必要な栄養素の一覧をご紹介します。
葉酸は動脈硬化を防ぐ
葉酸の摂取により動脈硬化を防ぐことが日本心臓財団の報告にも出ています。葉酸は、妊婦さんだけでなく積極的に摂取するべきだと思います。
フローズンサラダ
シャープから、冷凍野菜でフローズンサラダが作れる、スロージューサーが発売されるようです。どのようなメリットがあるのかご紹介します。
ビーツで葉酸
西洋野菜のビーツ、ロシア料理のボルシチで使われているのでご存じの方も多いと思いますが、非常に栄養価の高い野菜で葉酸もたっぷり
朝食バナナのむヨーグルト
日清から朝食バナナのむヨーグルトが2月9日に発売されるようです。これには各種ビタミンや葉酸も配合されているとのこと、ヨーグルトと葉酸が摂れるのはべんりかも
葉酸配合の青汁飲料
タカナシ乳業株式会社より「タカナシ LGGのむヨーグルト×ファンケル青汁 1日分の葉酸」が新発売されます。成分などについてご紹介
妊婦には、葉酸とビタミンDが不足
産婦人科学会の3月5日のシンポジュウムでの公演で、妊婦さんのビタミン欠乏による問題点が報告された。記事をまとめました
尿酸値と葉酸摂取の関係
国内の報告ではありませんが、尿酸値と葉酸に関する報告が上がっていましたのでお知らせします。