妊活に葉酸と漢方を組み合わせ

妊活に漢方を利用されている方も多いので葉酸ばかりでなく漢方も取り上げてみます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"
data-ad-slot="8835032729"
data-ad-format="auto">

漢方副作用百科

 

本日、図書館にて漢方薬副作用百科という本を見つけました。
これは漢方薬による副作用等の事例を解説した専門書です。

 

著者は筑波大学名誉教授・茨城県立医療大学名誉教授の内藤先生です。

 

私は漢方薬は佐用も穏やかで副作用も少ないものかと思っていました
ですがこの本を読んで漢方薬も使い方を間違ったり
また独断で飲んでしまうと非常に危ないものだなと思いました

体の冷えやその他の症状を改善するために漢方薬を利用する場合
薬剤師さんやかかりつけのドクターに相談してから呑まれることをお勧めいたします。
それでは漢方薬ごとの副作用についてご紹介してまいりますので参考になさってください

 

漢方薬が不妊の改善に期待できると、漢方薬に注目が集まっていますが、これは本当なのでしょうか?

 

漢方薬を使って妊娠っていうと、いかにも漢方薬=妊娠って感じですけれど、そもそも妊娠できる漢方薬はありません。

 

妊娠するための漢方薬というのは、妊娠しやすい体に改善していくという補助的な役割を担っていると考えた方が無難でしょう。
例えば、不妊症の原因として冷えがありますが、漢方薬を使って、血の流れを良くし、冷えを改善して身体を温めていくというものです。

 

漢方薬にもたくさんの種類がありますので、一概にこれが良いとは決められません。
漢方薬局や漢方外来などで、自分に合った漢方薬を処方してもらうのが一番でしょう。

 

妊娠を望んでいるのに、できにくい方のために身体を整える漢方についてご紹介していきたいと思います。

 

漢方の専門家でもありませんが、経験者さんや専門家が薦めているものを中心にご紹介していきますので参考にしていただけたら幸いです。

 

個人の判断でドラッグストアーなどで購入されるのはオススメいたしません。
妊活目的の場合には、専門医の指導を受けてください

 

漢方薬とは、医師が漢方的な診察(腹診、脈診、舌診など)で体力の強弱や体質(証)などを判断し、数種類の生薬を組み合わせて処方する薬のことです。
古代中国では、かぜや下痢、痛みなどの急性症状に対し、薬草を煎じて服用していました。 これが漢方治療のはじまりです。
現代の漢方治療は、長い長い歴史の中で、大勢の医師、薬剤師たちの大変な努力とさまざまな経験、そして医学的理論を基礎に確立したものです。

 

20年以上妊産婦ケアに関わっている先生が開発された妊活ハーブティ

漢方薬副作用百科を読んで、漢方薬も知らずに使うと副作用で問題が発生すると知りました。
妊活目的の場合、「私は冷え性だから、この漢方薬を飲んでみよう」などと安易に考えないほうが良いです。
以下で、オススメしている、妊活専用のハーブティーが安全ではないでしょうか?
これを毎日のお茶代わりにリラックスして利用されることをオススメいたします。

 

全国の産科のクリニックに置いてあるようなので、試された方も多いかもしれませんがご紹介します。

 

このハーブティは、西洋で妊活に良いとされる成分を日本人の体質に合わせて作られたものです。

 

もちろん、安全性にも配慮され国内でブレンド製造されています。
配合されているものは次のようなハーブです。
ハーブティの原料

 

お値段も続けやすく、ノンカフェインなので夜のリラックスにも役立ちます。

 

世界の妊活ハーブTOP5を厳選し、助産師が日本人の体質に合わせて配合不妊サプリやマカをお試しする方にも人気が高いオーガニックハーブティー
 こちらのページにてご紹介しています

 

妊活に葉酸と漢方を組み合わせ記事一覧

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">証に合った漢方で体の弱い部分を改善する妊娠しやすい母体づくりを目指す漢方では、その人の証に合わせた薬を処方します。不妊治療の漢方薬としても婦人の聖薬とも言われる「当帰芍薬散」がよく知ら...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">副作用について漢方薬副作用百科によると・60代の女性が進行性全身性強皮症で治療中に、医師に内緒で当帰芍薬散を飲んでいたところ、白血球減少と貧血の症状が出た。服薬を中止したところ、すぐに...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">漢方は、副作用も少なく飲みやすいと言われていますが、やはりお薬なので副作用はあるようです。その中でも一般的に言われている副作用について、まずご紹介します。胃の不快感、食欲不振、吐き気、...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">温経湯は、女性特有の病におすすめの漢方です。服用すると、身体を温め、血行を促し、乱れてしまったホルモンバランスを整えてくれる効能があります。参考:冷えから身体を温めるサンマットホルモン...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">加味逍遥散は、男女問わずよく飲まれる漢方薬の一つです。成分としては、不妊にも効果があるとされ漢方薬のほとんどに入っているといわれる当帰をはじめ、血流をよくしたり不眠などにも効く生薬など...

画像は見本です、漢方もお薬ですのでお医者さんや薬剤師さんにご相談の上使用して下さいstyle="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">桂枝茯苓丸は女性向けの漢方で、どちらかというとがっしりとした体型で、熱のパワーを持った、赤ら顔の方に向...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">不妊の原因には、ストレスや不眠などによる体調不良、栄養バランスの乱れなど些細なものが影響している場合もあるようです。漢方薬や妊活に適したサプリメントの利用もおすすめできると思います。補...

style="display:block"data-ad-client="ca-pub-2938961914546407"data-ad-slot="8835032729"data-ad-format="auto">漢方薬は妊活されている方によく利用されています。身体の冷えや不妊に繋がる諸症状を取り去り、温めて妊娠しやすい身体を作ることがその主な目的です。参考:身体の冷え対策にサンマットこのサイト...