妊活中の貴女へ 妊娠しやすい身体作りについて

妊娠をしやすくするための身体作りについてまとめてみました。

結婚年齢が上がってきたことや、仕事や周りの環境で妊娠される女性の年齢が
上がってきています。

 

データーを見ても、20代前半の妊娠の確率が一番高く、年齢が上がるごとに
確率が落ちてきているのが分かります。

自然妊娠率の推移
25歳 : 25%〜30%
30歳 : 25%〜30%
35歳 : 18%
40歳 : 5%
45歳 : 1%

結婚年齢が平均30歳ぐらいになりどうしても自然妊娠率は、35歳を過ぎると低くなります。
もちろん平均値であり、個人差も大きいと思われますので、妊娠を希望される方は、妊娠に向けた身体づくりをおすすめします。

 

卵子を老化から守る!不妊治療で使われているサプリ

 

まず最初に控えるべき事柄をご紹介します。

  • 肥満と痩せについてどちらも妊娠しにくくなります。肥満 BMI35位上 痩せ型 BMI 19以下
  • 海産物の摂取 海産物には水銀が含まれており食べ過ぎは血中の水銀濃度を上げてしまう
  • 喫煙について、女性の喫煙は不妊率を60%増加させる、流産のリスクも高めてしまう
  • カフェインについて、1日のコーヒーを2杯までに抑える

 

妊娠を望むあまりにそれがストレスになると妊娠しにくくなるようです。
不妊治療をあきらめて辞めてしまったら妊娠したという話を聞いたことがあります。
十分な睡眠とバランスの良い食事と運動がからだ作りには良いことだと思います。

 

妊活成分を含んだ葉酸サプリメントランキング

妊活中の貴女へ 妊娠しやすい身体作りについて記事一覧

冷えは妊活の大敵!冷えを改善するサンマットのご紹介 遠赤外線治療器「サンマット」で妊活を卒業された方が、数多くいらっしゃいます。サンマットの効果やお試しで使えるレンタルについてご紹介しています。貴女の参考になれば幸いです。不妊専門クリニックで、使われている遠赤外線治療器サンビーマー。これの家庭版がサンマットです。・サンマットは医療機器として認定されています。サンビーマーは、多くの国内有名不妊クリニ...

体を冷やさないが=妊娠できるというわけではありませんが、体が冷えている状態は血行が悪く栄養が届きにくい状態です。血行良くすることで、栄養がきちんと行き届き元気な新しい細胞が作られやすい環境が整います。また冷えによって、ホルモンバランスが崩れたり体内の酵素が、働く効率が悪くなったりするため冷えを放置しないことが大切です。まずは冷えやすい服装や強すぎる冷房に気をつけることはもちろんですが、運動 で筋肉...

赤ちゃんが欲しいと思ってもなかなか思うようにいかないという方、少なくないと思います。高齢出産も今では当たり前となってきました。しかし高齢でも出産している人はたくさんいます。あきらめず生活の中で色々な点に気をつけていけばきっと授かりますよ。妊活中にどんなことを心掛けていたらいいか是非知って頂きたいので気軽に読んでいただけたらと思います。第一に母体作りをしていくことが大切です。今まで社会に出て働きっぱ...

生理痛がひどく出血量が多い場合は子宮筋腫や子宮内膜症の可能性もあるのです。また、生理不順や月経の出血量が極端に少ない場合、ホルモンの分泌異常や子宮の発育不全などの可能性があります。このような症状を放置しておくと、妊娠しにくくなったり不妊症となります。他に不妊の原因として、高プロラクチン血症があり、これは脳下垂体からプロラクチンといわれるホルモンが過剰分泌される事により、妊娠や授乳をしていないのにも...

妊活を頑張っていらっしゃる方にご紹介したい「妊活ブレンド」ハーブティ妊活中には、何かとストレスがかかるものですが、日常の中でホット一息ティータイムに取り入れてみたらと思い、ご紹介するにあたり、まず、私が飲んでみました。美味しくなかったり、薬っぽい・・・漢方薬のような、味であれば続けにくいなと思っていたのですが良い意味で予想と違い飲みやすかったです!ティパックになっていますから、お湯を注いでしばらく...

AMOMAの妊活ハーブティを購入した時に、同封されていたパンフレットに、このハーブティがどのような経過をたどって商品化されたのか、漫画で分かりやすく紹介されていました。私のつたない文章よりも、こちらのほうが分かりやすいと思いましたので、掲載します。どうぞ、ご覧になって下さい。要約・当初は助産師の浅井先生が自分で作って、希望される方に配布されていました。・そのうち使った人の口コミで希望者が増えたため...

不妊が増えているのは理由があります。不妊のパターンは次の3つです。 ・女性に原因がある場合 ・男性に原因がある場合 ・両者に原因がある場合の3つのパターンがあります男性に問題がある場合は、無精子症や精子の数が少なかったり、運動率が悪かったり、奇形が多かったりなど原因は精子に限定されます。それに対して、女性側の原因は、子宮筋腫や卵巣嚢腫無排卵、子宮内膜の発育不全、卵管狭窄、精子との不適合、また流産や...